高卒者向け!転職に大切な手順ガイド

*

資格は転職でアピールポイントになるか

   

資格は客観的証拠になる

 面接において面接官が知りたいのは事実です。熱意や情熱も大事ではあるのですが、新卒採用では無いですから、その人が今何ができるかの方が大切です。その点で、資格というのはできることを示す客観的な証拠となりますから、強いアピールポイントになります。もし転職先の仕事と関連する資格があるのなら、どんどんアピールすべきです。

関連が無い資格もアピールになる

 もし転職先の仕事と無関係な資格しか持っていなくてもアピールするのは悪くありません。関係があるかどうかというのは面接官が判断することです。あなたは無関係と思っていても、あなたの資格を活かせるような業務を面接官なら思いつくこともあります。面接の場でアピールするのはやり過ぎかもしれませんが、履歴書にはあらゆる資格を書いておきましょう。

資格で人間性を示せる

 また、資格が転職先の仕事と無関係だろうと、人間性のアピールにはなります。資格をとるのは長い時間がかかりますし、努力の積み重ねも必要です。つまり、資格を持っていることは、忍耐力やスケジューリング能力の証明にもなるのです。資格は転職先の業務内容によらずプラス評価につながると考えて構いません。

 - コラム

  関連記事

no image
転職する際には『立つ鳥跡を濁さず』を心がけるべし

理由はなんであれ、業務の引継ぎを心がけよ!  自らの意志で転職する際には様々な問 …

20代で仕事探しをするなら

1.20代のうちに適職を見つけよう!  就職したにも関わらず、20代で転職を決意 …

20代がチャンス!転職を成功させるには

<転職するにはまず資格を取る>  不景気で就職難のこの時代で、やっとの思いで入社 …

30代女性が覚えておきたい転職テクニック

1.転職市場の厳しさを覚悟しよう  転職市場では、20代から30代前半までが売り …