高卒者向け!転職に大切な手順ガイド

*

転職する際には『立つ鳥跡を濁さず』を心がけるべし

   

理由はなんであれ、業務の引継ぎを心がけよ!

 自らの意志で転職する際には様々な問題を抱えていることが通常です。何もトラブルがなかったら「今の職場を変えよう」などという考えにはならないでしょう。全職場に対し、何らかの事情や違和感、嫌悪感などがなければ転職という行動にはうつりません。そして、なんとなく辞めて良い会社など存在しないのです。退職すれば残された職場の人に少なからず迷惑がかかります。辞めた人が担っていた業務の処理、また現在進行形で進んでいる業務の引継ぎ、顧客がいた場合の顧客の管理…等々様々なバトンタッチが必要となります。

去りし職場にも気遣いを!

 このように転職をした本人が知らないところで苦労する人間がいる場合、必ず転職する前に自分のやっている業務や顧客の引継ぎを行うことです。でなければ残された人達に迷惑がかかってしまいます。まずは自分の引き継がせる相手を業務ごとに振り分け、業務内容をきっちり把握してもらい、自分が去った後でも仕事に支障がないように気配りをすることが大切です。これをやっておかないと、全職場を去った後、自分の評価ががくっと下がってしまいます。勤務年数は置いておいて、自分がお世話になった職場ですから『立つ鳥後を濁さず』、残した方に気を使いながら職場を後にしましょう。

 - コラム

  関連記事

30代女性が覚えておきたい転職テクニック

1.転職市場の厳しさを覚悟しよう  転職市場では、20代から30代前半までが売り …

20代がチャンス!転職を成功させるには

<転職するにはまず資格を取る>  不景気で就職難のこの時代で、やっとの思いで入社 …

20代で仕事探しをするなら

1.20代のうちに適職を見つけよう!  就職したにも関わらず、20代で転職を決意 …

no image
資格は転職でアピールポイントになるか

資格は客観的証拠になる  面接において面接官が知りたいのは事実です。熱意や情熱も …