高卒者向け!転職に大切な手順ガイド

*

20代がチャンス!転職を成功させるには

   

<転職するにはまず資格を取る>

 不景気で就職難のこの時代で、やっとの思いで入社した会社でも、全ての人が納得してその会社で働いているわけではありません。少なからず不満を抱えながら働いている人も多いでしょう。定年までの長い人生をこのままストレスを抱えながら働く覚悟はありますか?もし転職をしようか迷っているのなら、若い20代のうちがチャンスです。かと言って、すぐに退職してしまうのではなく、まずは準備が必要です。今と同じ分野の仕事がしたいのか、それとも全く違う分野の仕事がしたいのか、よく考えてみましょう。方向が定まったら、次に資格を取ることにチャレンジしましょう。企業側は求職者のどこに注目するかと言うと、人間性や意欲の他には資格を見ます。転職するには、資格を持っているとかなり有利になります。

<20代ならではのチャレンジ精神をアピール>

 20代が30代・40代に勝るものは「若さ」です。社会経験や仕事のスキルでは、どうしても30代・40代に勝つことはできません。しかし、「若さ」があるだけで十分にアピールできることがあります。それは「チャレンジ精神」です。ある程度の年齢になって様々な社会経験をしてきた人が、「これは無理だろう」と思うことでも、経験が少ないがゆえに違った視点から挑戦できることが20代の強みです。自分がこの会社に入って何ができるか、今までどのような経験・努力をしてきたか、しっかりと自己分析してみましょう。自己分析ができていなければ、良いアピールもできません。

<内定を勝ち取るためには面接がカギ>

 自己分析ができたら、次は面接です。ここで上手にアピールできなければ意味がありません。何を質問されるか想定して、きちんと答えられるように準備しておきましょう。服装や身だしなみを整えることは言うまでもありませんが、社会人らしくしっかりとした態度で臨むことが大事です。

★ここがポイント! 
・志望動機を明確にする
・退職理由に前の職場の愚痴は言わない

 まず絶対に質問されるのは志望動機です。どうしてこの会社を志望したのか、この会社に入社したら何をしたいか答えられるように準備しておきましょう。前の会社を退職した理由を聞かれた場合は、不満だったことや人間関係が悪かった、などネガティブなことを言うのは良い印象を与えません。前向きな気持ちで転職したいと言うことを伝えましょう。

 自分がこの会社に入社したらどのような事ができるか、またそのためにどんな努力をするかを自分の言葉で真摯に伝えることが大切です。きちんと自己分析ができていて、それを上手にアピールできれば、内定をつかむのも難しいことではないはずです。

 - コラム

  関連記事

no image
転職する際には『立つ鳥跡を濁さず』を心がけるべし

理由はなんであれ、業務の引継ぎを心がけよ!  自らの意志で転職する際には様々な問 …

30代女性が覚えておきたい転職テクニック

1.転職市場の厳しさを覚悟しよう  転職市場では、20代から30代前半までが売り …

20代で仕事探しをするなら

1.20代のうちに適職を見つけよう!  就職したにも関わらず、20代で転職を決意 …

no image
資格は転職でアピールポイントになるか

資格は客観的証拠になる  面接において面接官が知りたいのは事実です。熱意や情熱も …