高卒者向け!転職に大切な手順ガイド

*

20代で仕事探しをするなら

   

1.20代のうちに適職を見つけよう!

 就職したにも関わらず、20代で転職を決意したということは、現職にやりがいや適性を感じられなかったということです。実際に働いてみないと、自分の志向や適性は、なかなかわからないものですから、仕事探しを始めるにあたって、適職探しにこだわってみてはいかがでしょうか。

2.自分にあった仕事探しをするために

 適職探しは、徹底した自己分析を行うことから始まります。ですが、まずはシンプルに考えてみてください。

★ここがポイント!
・自分が好きなことは何か
・自分は得意なことは何か
・グループの中でどんな役割を担うことが多いか

 この3点を考えることで、あなたの適職が見えてきます。

3.好きなこと、得意なことを仕事に

 現職が好きではないから仕事探しを始めようとしている場合は、いま何に興味があるのか、面白そうと感じられるかについて考えてみましょう。これまで事務職だったけれど、実は人と接して話をすることが好きと感じたなら、サービス業や接客業が向いているかもしれません。

 また実際に就職し、任された仕事の中で得意だったことがあれば、それを追求することで、スペシャリストを目指せる可能性があります。同僚と比べて、短い時間で仕上げられること、上司にほめられることなどがないか、まずは振り返ってみてください。作業効率と品質が伴っている仕事があるとしたら、それがあなたの適職である可能性が高いのです。
 
4.自分のポジションを知る

 職場に限らず、グループの中で自分がどの立ち位置にいるかを知ることも、仕事探しには重要なポイントです。部長やキャプテンとして、チームを率いるのが得意な人もいれば、裏方でサポートに回ることに喜びを感じる人もいるでしょう。自然に引き受けることの多い、グループ内での役割が、あなたの志向性を端的に表しているのです。普段の生活の中で自分がどんなポジショニングにいるか、考えてみてください。

3つが重なる仕事探しを!

 あなたが適職を見つけたいなら、上にあげた3つが重なる仕事は何かにこだわってみてください。どうしても自分一人ではわからない場合は、ジョブカフェで適職診断を受けるという方法もあります。活用できるものは何でも使って、理想の仕事探しをしてくださいね。

 - コラム

  関連記事

no image
転職する際には『立つ鳥跡を濁さず』を心がけるべし

理由はなんであれ、業務の引継ぎを心がけよ!  自らの意志で転職する際には様々な問 …

no image
資格は転職でアピールポイントになるか

資格は客観的証拠になる  面接において面接官が知りたいのは事実です。熱意や情熱も …

30代女性が覚えておきたい転職テクニック

1.転職市場の厳しさを覚悟しよう  転職市場では、20代から30代前半までが売り …

20代がチャンス!転職を成功させるには

<転職するにはまず資格を取る>  不景気で就職難のこの時代で、やっとの思いで入社 …