高卒者向け!転職に大切な手順ガイド

*

30代女性が覚えておきたい転職テクニック

   

1.転職市場の厳しさを覚悟しよう

 転職市場では、20代から30代前半までが売り手だと言われています。ですが実際には、男女でニーズが異なるものです。それは30代の女性が、結婚や妊娠、出産、育児といった、女性としてのライフプランを迎えたときに、男性並みに働いてくれるとは限らないと、企業側が考えがちなことに起因します。転職を希望するあなた自身も、自分のライフプランとキャリアプランをどう両立させるのか、自分の中で方向付けしておく必要があることを、認識しておきましょう。

2.第一次関門の書類選考を突破するために

 30代の女性に限らず、転職活動の第一関門は「書類選考」です。企業の採用担当者に「このひとに会ってみたい」と思わせるには、どんなテクニックを使うとよいのでしょうか。

★ここがポイント!
・スキルは「資格や技術」だけでなく、「マネジメント」も意識して書く
・勤務独特の仕事の進め方と役割を、わかりやすく書く

 この二つを徹底することで、ライバルに差がつく応募書類が作成できます。

3.スキルに対する考え方を変えよう

 スキルと聞くと、資格や何かの操作技術をイメージされる方が多いと思います。それが実際の業務に直結することが多いので、応募書類に書くのは当然なことです。ですが、仕事で経験を積むことで得られるスキルは、それだけではありません。後輩の育成で育まれるコーチング力や、協調して仕事を進めるために必要になるマネジメント力は、仕事をする中で必ず磨きをかけているスキルです。具体的なエピソードを添えることで、それを伝えることができます。
 
4.自分が経験したことを伝える

 同じ業界や職種であっても、担当する業務範囲は会社によって異なるものです。所属部署での自分の役割について具体的に書き出し、できることをしっかりアピールしましょう。その際、注意しなければならないのは、社内用語と業界用語を混同しないということです。相手にわかりやすく書くように、心がけましょう。

入社後の自分をアピールしよう

 自分が採用された後、会社でどのような仕事をしたいのか、どんなふうに役立てると考えているのかが、志望動機や職務経歴書でアピールされていると、採用担当者に好印象を与えられます。具体例を添えて、記入するようにしましょう。

 - コラム

  関連記事

20代で仕事探しをするなら

1.20代のうちに適職を見つけよう!  就職したにも関わらず、20代で転職を決意 …

no image
転職する際には『立つ鳥跡を濁さず』を心がけるべし

理由はなんであれ、業務の引継ぎを心がけよ!  自らの意志で転職する際には様々な問 …

no image
資格は転職でアピールポイントになるか

資格は客観的証拠になる  面接において面接官が知りたいのは事実です。熱意や情熱も …

20代がチャンス!転職を成功させるには

<転職するにはまず資格を取る>  不景気で就職難のこの時代で、やっとの思いで入社 …